念入りにチェックしたい自営業の始め方

役所への届け出はチェックリストで漏れのないように

自営業を始めるにあたっては、各種の届け出を関係機関へと提出する必要があります。事業を始めるときには、猫の手も借りたいほどの忙しさなので、ついついうっかりして、重要な届け出を忘れてしまったなんてことも起こりえる話です。笑い話ですめばよいのですが、届け出をしなかったばかりに、余計に税金を収めなくてはならなくなったり、保険の無加入期間ができてしまったりするとタイヘンです。後から、もっと計画的に行動しておけばよかったと後悔する前に、チェックリストを作っておいて、漏れがないように一つ一つチェックしていくとよいでしょう。 一番最初に提出すべきなのは、税務署への開業届です。開業届してから、原則として1ヶ月以内に、住所地を管轄する税務署へ提出しなくてはなりません。

開業届と一緒に提出したい書類リスト

青色申告承認申請書だけは、開業届と一緒に提出しておきたいものです。自営業者なら、青色申告を行ったほうが圧倒的に所得税の支払が有利なのは有名ですが、開業届と一緒に青色申告承認申請書を提出すると、開業一年目から青色申告ができるようになります。うっかりして、青色申告承認申請書の提出を忘れて、翌年に提出しようとしても、青色事業者として認められるのは、次の年の確定申告からになってしまいます。自営業者にとっては、開業してすぐ税理士を雇う余裕がないこともあるので、自分自身がよく勉強しておきたいものです。 会社を辞めて、自営業をスタートさせるというケースでは、国民年金への切り替えや、国民健康保険への加入の届け出を市町村で行う必要もあります。